プロフィール

問い合わせ先
e-mail:momokyu@gmail.com

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

環境検定初級(地球温暖化編) powerd by けんてーごっこ
このページのルール
以下のような書き込みは禁止です。 他人への誹謗中傷、個人情報の掲載 同一人物が複数のハンドルを使用すること(マルチハンドル) 「匿名」「名無し」「通りすがり」その他、不明確なハンドルの使用 このブログ内のコンテンツの無断公開 個人的連絡、内輪話、自分のサイトの宣伝 宗教的宣伝・政治的宣伝・営業目的の書き込み 著作権法に反すること
最近のコメント
最近のトラックバック

 訪問者数

無料カウンター
search this site.
          
アンケート
NEW ENTRIES
カテゴリー
過去の投稿
リンク
環境問題を扱っているブログは こちらから

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
相互リンクサイト
地球の未来予想図
地球の未来について様々な角度から考えていきます。
エコ人〜米国・世界の環境ビジネス最前線〜
米国を中心とした世界の環境ビジネスを毎日日替わりで紹介しているブログです。
あわせて読みたいブログパーツ

   なかのひと

   携帯アクセス解析
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
GoogleChromeのアクセス数 Chrome Counter         
sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク,-

at ,-, -, blogram投票ボタン

ももきゅう主催バスツアー:エコを学びに行こう!!-工場見学レポートその1

3月4日に行なったももきゅう主催バスツアー:エコを学びに行こう!!についてのレポートを何回かに渡ってします。

今回は最初の見学先の東京電力横浜火力発電所到着までです。

当日のスケジュールなどは、こちらのページに載っています。


当日は10時に大学を出発しました。
見学場所まではバスで移動しました。
ももきゅうバスツアーその1

移動の途中で見えた東京都の水処理施設
ももきゅうバスツアーその2

東京タワーも見えました
ももきゅうバスツアーその3

お台場側からまわって行ったので、観覧車も見えました
ももきゅうバスツアーその4

エコプロダクツなどでよく行くビックサイトも見えました
ももきゅうバスツアーその5

途中休憩したパーキングエリアの近くには、新幹線の車両基地がありいろいろな種類の新幹線が見えました
ももきゅうバスツアーその6

輸出される車が大量に置いてある場所も途中で見ることができました
ももきゅうバスツアーその7

大黒埠頭まで来ると目的地まではもう少しです
ももきゅうバスツアーその8


火力発電所の向かいには水素自動車に水素を補給するための水素ステーションがありました
ももきゅうバスツアーその9

火力発電所の入り口には風力発電用の風車もありました
ももきゅうバスツアーその14

名前はかぜまるくんだそうです
ももきゅうバスツアーその10

今回は乗ることができませんでしたが、電気自動車もありました
ももきゅうバスツアーその11

次回からは各見学地の見学内容の紹介を行いたいと思います。


1年前の記事
アメリカで最大級の太陽光発電パネル設置へ(2008年4月9日)


関連記事
地下野菜畑を見学(2007年9月20日)


エコノヒ今日のテーマ
いやいやでも、夜9時までには夫婦でベッドに入り消灯する。
削減できるCO2排出量  20g


テクノラティ タグ

JUGEMテーマ:エコイベント

成蹊大学学生環境委員会桃球(ももきゅう),施設見学

at 01:57,comments(0), trackbacks(0), blogram投票ボタン

地下野菜畑を見学

9月20日のミーティング後にパソナO2に見学に行きました。

パソナO2人材派遣会社のパソナの就農支援活動のために作られた施設で、丸の内のビルの地下にあります。

ビルの地下2階に行くと6つのフロアに分かれていて、花畑、ハーブ畑、稲の栽培、水耕栽培のトマト、野菜畑、サラダ菜栽培場があります。

照明にはLEDやナトリウムランプが使われていて、地下でも太陽光と同じように光合成が行なわれています。

この写真は光の波長による植物の育ち方の比較です。
パソナO2見学2

効率よく育つように照明に使う光の波長を選んでいます。

花畑や、ハーブ畑では季節ごとに植え替えを行なっているので季節ごとに違った雰囲気が楽しめるようです。

水耕栽培のトマトです。
パソナO2見学3

大きさを比較できるものと一緒に撮れば良かったのですが、ミニトマトではなく普通の大きさのトマトがなっていました。

説明を熱心に聞き入っている環境委員会のメンバーです。
パソナO2見学5

サラダ菜は見学通路と隔離するためのドア越しの場所で栽培されていました。
パソナO2見学4

棚が何段かに分かれていて、種まきの時期をずらすことによっていつも収穫できるようになっています。

この施設は見学時間が終わった夜には社員食堂としても利用されているということです。

パソナO2見学1

見学終了後に実際に見学当日の朝に収穫されたサラダ菜の試食をさせていただきました。
パソナO2見学6

照明代がかかっているためにサラダ菜1枚が1000円ぐらいするそうです。(実際には市場には出していません)
味は普段食べているものと比べて、苦みなどが少ないような気がしました。

見学は、平日の11:00〜18:00(受付は17:30まで)に行なわれています。
人数が少ない場合は特に予約の必要は無く、1階の受付で見学希望ということを伝えれば大丈夫です。(施設の都合で休館という場合もありえるので心配な方は事前に連絡をすれば確実に見学できます。)

見学は全体で1時間ちょっとです。

照明を使っているので現時点では環境破壊につながっているようですが、沙漠のような野菜を育てることのできない場所で太陽光発電による電気を使って栽培を行なったり、LEDなどの照明の代わりに光ファイバーで太陽光を取り込んだものを使うなどすれば、面白い技術なのかもしれません。

関連ページ
人材派遣パソナの新しい就農支援│パソナオーツー
パソナオーツー│フロア紹介


エコノヒ今日のテーマ
いやいやでも、夜9時までには夫婦でベッドに入り消灯する。
削減できるCO2排出量  20g
2008年3月10日現在の総削減量 1.58kg

テクノラティ タグ
  

成蹊大学学生環境委員会桃球(ももきゅう),施設見学

at 16:21,comments(0), trackbacks(0), blogram投票ボタン