プロフィール

問い合わせ先
e-mail:momokyu@gmail.com

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

環境検定初級(地球温暖化編) powerd by けんてーごっこ
このページのルール
以下のような書き込みは禁止です。 他人への誹謗中傷、個人情報の掲載 同一人物が複数のハンドルを使用すること(マルチハンドル) 「匿名」「名無し」「通りすがり」その他、不明確なハンドルの使用 このブログ内のコンテンツの無断公開 個人的連絡、内輪話、自分のサイトの宣伝 宗教的宣伝・政治的宣伝・営業目的の書き込み 著作権法に反すること
最近のコメント
最近のトラックバック

 訪問者数

無料カウンター
search this site.
          
アンケート
NEW ENTRIES
カテゴリー
過去の投稿
リンク
環境問題を扱っているブログは こちらから

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
相互リンクサイト
地球の未来予想図
地球の未来について様々な角度から考えていきます。
エコ人〜米国・世界の環境ビジネス最前線〜
米国を中心とした世界の環境ビジネスを毎日日替わりで紹介しているブログです。
あわせて読みたいブログパーツ

   なかのひと

   携帯アクセス解析
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
GoogleChromeのアクセス数 Chrome Counter         
sponsored links
<< ガラスパワーキャンペーンのマイ牧場成長経過その4 | main | 2008年7月29日から8月4日までの環境問題関連ニュースいろいろまとめ-軽くて曲がる、葉っぱ型の有機薄膜太陽電池 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク,-

at ,-, -, blogram投票ボタン

待機電力を英語ではVampire energyと呼ぶらしい

GIGAZINEさんで紹介されていた記事
エネルギーをムダに消費して「電気代の吸血鬼」状態になっている家電はどれか? - GIGAZINEに上がっていた画像の紹介。


いろいろな家電の待機電力の比較
Vampire energy1


待機電力を英語ではstandby electricityとかstandby energyとか言うようですが、
vampire energyという表現もありこういった画像になったようです。

そもそも画像がどこにあったものなのかが記事中に無かったので、検索で探してみました。

英文サイトで引っかかったのはこちら
Vampire Energy chart - Core77

日本語ではこちら
家電に知らぬ間に吸い取られている電力。[The electricity that is absorbed by a household appliance while I do not know it.] | monogocoro ものごころ

アメリカの画像のようなのですが元がどこで作られた画像なのかは分かりません。

とりあえずプラズマテレビの待機電力がずば抜けて多いことが分かります。
また待機電力によるエネルギー消費がアメリカで年間30億ドルになるといったことが書かれています。

プラズマテレビの普及が進んでいるようですが、消費電力の面からはより一層低消費電力にするための技術開発が必要なようです。


1年前の記事
紙のように折ったり曲げたりが可能、シート型次世代電池を開発(2007年8月19日)


関連記事
今年の最高電力記録を更新-相変わらず暑い日は続きますが、高校野球とオリンピックでますます消費電力は増えるかもしれません(2008年8月8日)
まだ7月ですがこの暑さ、あと2ヶ月間猛暑に耐えなければならなさそうです-東京電力でんき予報最大電力6000万kWを超す(2008年7月25日)
今年も夏の消費電力を減らすための努力をしましょう-東京電力のでんき予報(2008年7月7日)
先週の猛暑のまとめ、記録的な猛暑が続き、熱中症で新たに5人の死者(2007年8月20日)
電力消費量が増えてます(2007年8月10日)


エコノヒ今日のテーマ
残暑お見舞いは今風にメールですます
削減できるCO2排出量  172g

テクノラティ タグ
 

成蹊大学学生環境委員会桃球(ももきゅう),データ

at 14:02,comments(0), trackbacks(0), blogram投票ボタン

スポンサーサイト

スポンサードリンク,-

at 14:02,-, -, blogram投票ボタン

コメント









トラックバック
url:トラックバック機能は終了しました。