プロフィール

問い合わせ先
e-mail:momokyu@gmail.com

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

環境検定初級(地球温暖化編) powerd by けんてーごっこ
このページのルール
以下のような書き込みは禁止です。 他人への誹謗中傷、個人情報の掲載 同一人物が複数のハンドルを使用すること(マルチハンドル) 「匿名」「名無し」「通りすがり」その他、不明確なハンドルの使用 このブログ内のコンテンツの無断公開 個人的連絡、内輪話、自分のサイトの宣伝 宗教的宣伝・政治的宣伝・営業目的の書き込み 著作権法に反すること
最近のコメント
最近のトラックバック

 訪問者数

無料カウンター
search this site.
          
アンケート
NEW ENTRIES
カテゴリー
過去の投稿
リンク
環境問題を扱っているブログは こちらから

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
相互リンクサイト
地球の未来予想図
地球の未来について様々な角度から考えていきます。
エコ人〜米国・世界の環境ビジネス最前線〜
米国を中心とした世界の環境ビジネスを毎日日替わりで紹介しているブログです。
あわせて読みたいブログパーツ

   なかのひと

   携帯アクセス解析
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
GoogleChromeのアクセス数 Chrome Counter         
sponsored links
<< 国連版クールビズは基準がおかしい? | main | このブログを見ている人は男性が多いらしい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク,-

at ,-, -, blogram投票ボタン

未来惑星(ミライボシ)1つ目が完成&2つ目が成長中

以前紹介した毎日のエコ活動をチェックすることで成長する未来惑星(ミライボシ)ですが、作ってから90日が経過して1つ目の星が完成しました。

未来惑星(ミライボシ)完成

1個目のももきゅうの星の座標は 東南東の X588 Y110 です。

完成時にはメッセージが流れました。

未来惑星(ミライボシ)完成メッセージ1

未来惑星(ミライボシ)完成メッセージ2

2個目を作って現在成長中


2個目のももきゅうの星の座標は  北北東の X72 Y184 です。

参加者が増えて現在6,600個以上の星があります。

追記
2008年10月23日 2個目完成

1年前の記事
若林環境大臣を表敬訪問(2007年8月4日)


関連記事
エコ活動で今度は惑星を育てましょう-大和ハウスのブログパーツ未来惑星(ミライボシ)(2008年4月25日)
英語の勉強をしながらお米を寄付-FreeRice(フリーライス)(2008年5月13日)
ブログパーツでカーボンオフセット-greenz.jp グリーンズ(2008年3月24日)
NHKのご近所の底力CO2削減チェッカー(2008年3月23日)
今日から記事内にエコノヒで取り上げられたテーマと削減できるCO2排出量を表示していきます(2008年3月10日)
MTVJAPANのサイトでエコメッセージを表示するブログパーツを発見。(2008年2月19日)
あなたの環境メッセージを表示-三洋電機|Dear GAIA -明日をつくる声-(2008年1月24日)
NECのWebコンテンツ”エコノヒ”で日替わりエコ宣言(2008年1月11日)
エコをテーマにした曲を見つけました(2008年1月2日)
ブラウザをエコ仕様に-Firefoxを使おう - 緑のgoo(2007年12月14日)
各地の水の音を聞けるサイトaqua scape(2007年10月24日)
検索をして環境NGOに寄付(2007年9月5日)
今使っているパソコンの消費電力を節約(2007年8月7日)
CO2排出量計算機(2007年7月30日)



エコノヒ今日のテーマ
近所のプールへは、車を使わず自転車で行く
削減できるCO2排出量  1,080g

テクノラティ タグ
 

成蹊大学学生環境委員会桃球(ももきゅう),他サイト紹介

at 23:52,comments(0), trackbacks(1), blogram投票ボタン

スポンサーサイト

スポンサードリンク,-

at 23:52,-, -, blogram投票ボタン

コメント









トラックバック
url:http://momokyu.jugem.jp/trackback/438
ブログ検索ニュースBLOG, 2008/08/06 7:39 PM

合成生物学と微生物学の成果により、科学者たちは遠からず、他の惑星上で生存可能なバクテリアを狙い通りに組み立てられるようになるだろう、と極限環境微生物の専門家、John Baross教授は言う。「われわれが他の惑星や月の環境さえ把握できれば、そこにより良く適応で