プロフィール

問い合わせ先
e-mail:momokyu@gmail.com

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

環境検定初級(地球温暖化編) powerd by けんてーごっこ
このページのルール
以下のような書き込みは禁止です。 他人への誹謗中傷、個人情報の掲載 同一人物が複数のハンドルを使用すること(マルチハンドル) 「匿名」「名無し」「通りすがり」その他、不明確なハンドルの使用 このブログ内のコンテンツの無断公開 個人的連絡、内輪話、自分のサイトの宣伝 宗教的宣伝・政治的宣伝・営業目的の書き込み 著作権法に反すること
最近のコメント
最近のトラックバック

 訪問者数

無料カウンター
search this site.
          
アンケート
NEW ENTRIES
カテゴリー
過去の投稿
リンク
環境問題を扱っているブログは こちらから

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
相互リンクサイト
地球の未来予想図
地球の未来について様々な角度から考えていきます。
エコ人〜米国・世界の環境ビジネス最前線〜
米国を中心とした世界の環境ビジネスを毎日日替わりで紹介しているブログです。
あわせて読みたいブログパーツ

   なかのひと

   携帯アクセス解析
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
GoogleChromeのアクセス数 Chrome Counter         
sponsored links
<< 本当に改善したといえるのでしょうか-中国環境汚染、SO2とCODで改善 数年ぶりの成果 | main | やっぱり環境改善は難しい-中国の環境汚染問題、省エネ・汚染削減の目標達成は困難の見通し >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク,-

at ,-, -, blogram投票ボタン

河口で二酸化炭素を吸収するプロセスが明らかに-ベンガル湾、炭素を吸収して温暖化を抑制

記事によると、川の水と一緒に流れてたどり着く陸地の炭素の約70-85%が、大気中にガスとして排出されずに海底に流れ込んでいるということが分かったようです。

全陸地から流れ出る炭素のうち10-20%をベンガル湾の海底が吸収しているかもということで、今回の発見から温室効果ガスの吸収源として期待しているようです。

ただ、今回発見する前からずっとベンガル湾では同じプロセスでの吸収が行なわれていたのでこれ以上人為的に吸収量を増やすことはできなければ二酸化炭素の吸収量は増えないと思うのでどういった点で温室効果ガスの削減につながっていくのかは分かりません。

またこの他にメタンを食べるバクテリアが見つかったということですが、これも温室効果ガスの削減には使えないのではないでしょうか。
メタンハイドレードをうまく利用する方法を考えている一方で、温室効果が二酸化炭素より大きいメタンを分解するバクテリアによってメタンの量を減らそうというのは、矛盾しているような気がします。

分解させるのならエネルギー源として使用し完全全焼させることによって二酸化炭素にしてしまえば全体としての温室効果ガスの発生量は減らせると思うのですが、どうなんでしょうか。


関連記事
写真に写っているのは氷ではありません-排水の泡、インド・ヤムナー川の汚染(2008年4月8日)
明日、22日は「世界水の日(World Water Day)」-「国連水の日」、乾く地球が求める水不足解決策(2008年3月21日)
有害物質を使って漁?-インド北東部の重要河川で大量死魚発生(2007年12月21日)
ダムの決壊のように氷河が溶けることで大災害が起きる-【動画】溶け続けるヒマラヤの氷河、地球温暖化に歯止めはかかるのか?(2007年12月5日)
こんなところでも環境問題についての国際会議が、世界トイレサミット-豪の「トイレ大使」、トイレと人権について語る(2007年11月8日)
数字の上では可能でも実行が難しいのでは?-中国長江の水質汚染は「回復可能」(2007年11月4日)
フィリピンではペットボトルの水でさえ金属が含有、グリーンピース調査結果(2007年10月11日)
汚染が進むヒマラヤのダル湖で、大規模な清掃作戦(2007年8月31日)
「世界水週間」会議閉幕(2007年8月21日)
世界水週間開幕、気候変動や水不足が議題に(2007年8月13日)
【動画】聖なる川(ヤムナ川)、「復活」なるか(2007年7月31日)
温家宝首相、「太湖などの水質管理は国家の最優先課題」(2007年7月5日)

エコノヒ今日のテーマ
人に教えてもらってでも両面コピーにトライする
削減できるCO2排出量  90g
2008年6月1日現在の総削減量 8.640kg

テクノラティ タグ
  
JUGEMテーマ:環境問題

成蹊大学学生環境委員会桃球(ももきゅう),ニュース

at 22:57,comments(0), trackbacks(0), blogram投票ボタン

スポンサーサイト

スポンサードリンク,-

at 22:57,-, -, blogram投票ボタン

コメント









トラックバック
url:トラックバック機能は終了しました。